三井住友トラストVISAカード(クラシックカード)の審査

三井住友トラストVISAカードの審査のコツだけでなく口コミ・評判や対象、年会費の仕組み、保険制度、特典、得点、ショッピング、マイレージや還元率、審査の時間、申込スピードといったメリット・デメリットを紹介

住信SBIネット銀行 三井住友トラストVISAカード(クラシックカード)の審査に通るための5ステップ|口コミ・評判まとめ

三井住友トラストVISAカードなら、高校生を除く満18歳以上の方で、自身に安定持続収入の方やアルバイト・パート・派遣の方、また本人の配偶者に安定した継続収入がある方が申込OK!{最短1週間でカードが届く。多額の現金を持ち歩かずにショッピングが可能なクラシックカード。年会費は無料、家族会員も無料。海外旅行傷害保険(死亡・後遺障害の場合)は最大2,000万円、キャッシング利用可能枠は5万円から200万円以下。低金利の年15.0%から18.0%で、毎月元利定額返済を設定。カードの利用金額に応じて増えるポイントで素敵な賞品をプレゼントが獲得できるワールドポイントも用意されている。PC・スマホから10分で申込完了!!


三井住友トラストVISAカードの審査のコツだけでなく口コミ・評判や対象、年会費の仕組み、保険制度、特典、得点、ショッピング、マイレージや還元率、審査の時間、申込スピードといったメリット・デメリットを紹介

三井住友トラストVISAカード(クラシックカード)のスペック表

住信SBIネット銀行Mr.カードローン●商品名正式名称
三井住友トラストVISAカード(クラシックカード)


●利用頂ける対象者
高校生を除く満18歳以上の人で、本人に安定した持続収入の人やアルバイト・パート・派遣の人、また本人の両親に毎月安定した定期収入のある人。


●年会費
@本会員
無料
A家族会員
無料


●旅行などの傷害保険(死亡・後遺症の場合)
海外のみ対応。最高2,000万円


●使用可能枠
総使用枠:5万円から200万円以下


●利子(実質年率)
・5万円〜99万円以下15.0%〜18.0%
・100万円〜200万円まで:15.0%


●1回の利用金額
使用枠の範囲内で1万円以上・1万円単位


●返済方法
月毎元利定額返済
※一括返済もしくは一時増額返済ご希望の方はご相談ください。


●月々の返済価額
・利用枠利用枠5万円から9万円まで:1万円・2万円
・利用枠10万円〜20万円まで:1万円〜5万円
・使用枠21万円〜70万円まで:2万円〜6万円
・使用枠71万円〜200万円以下:3万円〜7万円


●ボーナス月・ボーナス返済代金
年2回(夏・冬)指定・1万円単位で設定可。


●返済期間・回数
使用残高や返済方法に応じ、元金と金利を完済するまでの期間、回数。利用枠の範囲内で繰り返し借り入れる場合には、利用残高に応じて、返済期間、返済回数は変動します。


●遅延損害価額
年20.0%


●ワールドプレゼント
カードの利用額に応じて増えるポイントでステキな景物をプレゼント。


●追加可
・ETCカード
・iDカード
・バーチャルカード
・WAON


●提携信用情報機関
◆全国銀行個人信用情報センター
〒100-8216 東京都千代田区丸の内1-3-1
TEL:03-3214-5020
ホームページアドレス:http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/index.html

◆株式会社 日本信用情報機構(略称JICC)
〒101-0042 東京都千代田区神田東松下町41-1
TEL:0120-441-481
ホームページアドレス:http://www.jicc.co.jp/

◆株式会社シー・アイ・シー(CIC)
〒160-8375 東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウェストビル 15 階
TEL:0120-810-414
ホームページアドレス: http://www.cic.co.jp/


※必ずお申し込みになる本人の方が入力ください。ご入力内容をもとに所定の審査のうえ、入会手続きをします。
※カード発行手続に際し、ご自宅または勤務先に連絡することがあります。
※年末年始やゴールデンウイークなどの長期連休は、カード届けまでに時間がかかる場合があります。
※運転免許証や運転経歴証明書の交付がある方は、運転免許証または運転経歴証明書での自身の確認が必要になりますので、必ず準備してください。尚、運転免許証もしくは運転経歴証明書の交付の有無が確認できない場合、お電話で確認いたしますので承知ください。
※当社へ送付された書類は返付できません。

 

住信SBIネット銀行Mr.カードローンTOP

 

 

カードローン申込する時の申し込みフォームへの入力で嘘をついてはダメ!

住信SBIネット銀行Mr.カードローン 初めに借入するための申込フォームへの入力をすることになります。まずクレジットカード申込の際には申込みフォームへの入力をしてから審査という流れになります。
その時、『収入が少ないとクレジットカード審査に落ちそうだから、審査に通過するように年収を多めに申し込み書に記入しておこう』と、カードローン申し込みの時に虚偽の情報を書いてしまう方がたまにいらっしゃいます。
しかし気持ちはよくわかるのですが、虚偽の記載はやらない方が身のためでしょう。

『今日中に何としてでもクレジットカードを作りたい!』
と考えてのことだと察しますが、相手もいろいろな人を審査してきた専門家です。
過去の申込者の情報を基に、勤続年数や企業の大中小、年齢、経歴などからおおよその年収を把握しています。

さらに、信用機関には申込した後にオペレータによる電話での本人確認があり、電話でも申告した情報の質問が入ります
なので、この平均値から大きく逸脱していれば、クレジットカード会社は『これは変だ』と判断するわけですね。

これは収入以外のデータも同じですので、申込書の記入時の嘘は大抵信用機関側にすぐにわかってしまいます。
嘘の申し込みフォームへの入力をしたと一度見つかってしまえば、信用機関側としては絶対にカードを作ることはないと言っていいでしょう。

もしも正直に審査に臨んでいた場合、融資を受けられる、あまりに悪質だったり嘘が多かったりすると、信用情報へ要注意人物として登録されてしまい、他のカードローン業者でも融資ができなくなってしまうかもしれません。
また、誇大な情報申告のまま貸付をしてしまうと、詐欺で訴えられてしまうリスクもなきにしもあらずです。

結論としては、虚偽の申し込みフォームへの入力はリスクの方が遥かに大きいとも言っていいでしょう。
正直に申込書に記入して審査通過しないならクレジットカードを持たないぐらいの気持ちでいましょう。